サインに気付く

Yellow pills

性感染症の中で代表的な存在になっているクラミジア。そして感染患者が最も多い性感染症とも言われているほど驚異的な勢いで広がっています。
そのため他人事ではなく、いつ自分が感染するのかわからないほどのものになっています。しかし、現代ではレボフロックスという薬も存在し、服用していくことで改善ができていきます。
そして、症状が起きにくいクラミジアですが、男女それぞれに感染した時に起きる症状がいくつか存在しています。これを今からでも知っておいて、万が一の時にレボフロックスをすぐに服用できる姿勢を持つことで感染の広がりをおさえられるでしょう。
男性がクラミジアに感染した時は、主に症状が性器の尿道部分に起こります。かゆみが出たりしますが微妙な感覚のもので意識しない人は放置してしまうでしょう。
また、尿道炎を起こしてしまい、排尿時に痛みや膿のような液体状のものが出てきたりします。ですが、このクラミジアによる尿道炎は、病原菌が感染してから1週間から3週間潜伏期間をおいて発症します。
そのため、人によったら感染のキッカケを忘れている人もいるのです。しかし、これらの症状が出たとなればレボフロックスの服用を早めに行い改善できるでしょう。
そして女性が感染した場合は、下腹部に痛みが起こりやすいです。クラミジアの病原菌にかかってしまうと子宮のやや下のところにある頚管(けいかん)という部分に炎症が起こると言われています。
そして、おりものの量が普段よりも多い、または臭いが気になるようであればクラミジアに感染したと考えてもおかしくはないでしょう。
しかし、これらの症状をクラミジアに感染したと知らずに体調不良と思い放置してしまうことが多く、女性は感染したということがわかりづらくなっています。
事前にこれらの症状を理解しておいてレボフロックスを事前に購入したり、服用を始めていくことで早めの改善ができるでしょう。